ホームページ制作【家族写真館ホームページ】

ホームページ制作【家族写真館ホームページ】


 

制作物:会社ホームページ
制作期間:3ヶ月
費用:月額費用3ヶ月分の中で制作(サーバーレンタル・ドメイン取得費は含まず)

ホームページ制作の目的
自社のこだわりを訴求し、ホームページを介して新規のお客様からもお問い合わせいただくこと。

 

制作ステップ

CMSの選定―SEO対策を重視した結果…―

クライアント様での初めてのホームページ制作。このホームページ制作は、クライアント様からのご依頼ではなく、クライアント様のゴールデンサークルを整理した上で私から提案させていただきました。(ゴールデンサークルについての記事はこちら)「ホームページはお金がかかるものだから、制作することなんて考えても見なかった」というのがクライアント様からの率直なご意見でした。広報・PRはリソースが足りている会社だけのものではない!ということを証明するチャンスでした。

最初に検討したことは、CMSを何にするか。CMS(Contents Management System…コンテンツ・マネジメント・システム)は、web制作に必要な専門的な知識が無くても、webサイトやコンテンツを構築・管理・更新できるシステムで、ワードプレスやwixなどはよく知られています。(私には、ゼロからHTMLやCSSでコーディングするスキルは無いので、CMSの利用は絶対条件です。)

今回のホームページ制作で優先させるべきことは、新規のお客様からのお問い合わせを増やすこと。そのためには、検索結果で上位表示をさせることにプライオリティをおき、SEOに強いCMSを選定する必要がありました。そこで、たどり着いたのがfunmakerというシステムでした。

 

制作フェーズ制作会社との違い

制作期間は約3ヶ月。ゴールデンサークルで、整理をしていたので、メッセージも作りやすく、トーン&マナーも整えやすかったです。

私が過去に経験した制作フェーズですが、web制作会社はクライアント側から情報が出されることを「待つ」、どちらかというと受け身で制作するケースが多かったように思います。クライアント側からの情報提供が滞ると、制作期間が制限なく伸びていくということもあると思います。制作会社は制作することが仕事のためそれは当然のことですし、クライアント様との一定の距離も、情報を「待たざるを得ない」背景だと思います。制作会社が制作するサイトはやはりデザイン性もあり、ギミックも細かくかっこいいです。

しかし私は、クライアント様の中の広報担当という立場。制作の遅延は自分の責任です。あれこれとクライアント様に依存するのではなく、できることは自分でやる。例えば、今回のケースでは、モデル撮影のディレクションや使用する写真の選定、掲載許可をとるための(クライアント様の)お客様への確認連絡、テキストのライティングなど、私が先導してクライアント様と進めていきました。週1回の定期的なお打ち合わせで、進捗の確認をすることで、クライアント様からのご要望も蜜に伺うことが出来ました。webサイトが完成し、ようやくスタートラインです。

 

ホームページをどう運用していくか、ここからがスタート

GoogleAnalytics(ホームページの閲覧状況を把握・分析できるツール)を設定し、動向を見ていきます。どのページがよく見られているか、どのページで離脱しているか、またSearch Consoleで検索ワードも分析していきます。

 

 

Welcome!

This is popup preview that you can fill with any content you want.

The plugin include some shortcodes, you can read more about them at the bottom of this page. The main 3 sections to configure the popup are:

Appearance: Where you edit the look and feel of the popup.
Display Rules: Here you choose on which page to display the popup (Set to all by default)
Display options: Some important settings about the plugin, being the more important trigger action.

タイトルとURLをコピーしました